おおかみの休日 ~バランス良好なり~

老犬を預かるということ

MWを開業して10年が経つ(横浜時代から計算すると12年)。。。

初年度のワンコの歳も、パピーで来た子で12歳。
もう、すでに他界して虹の橋を渡った子も多いです。

とはいえ昔より犬の医療の発達の背景もあり、犬の寿命はどんどん伸びていて
卒業生もどんどん高齢犬化していく・・・ということになります。

今回はたまたまお泊りに来たノア君。
ノア「君」と呼ぶには失礼ではないだろうか?というお歳の、15歳のおじい様犬である。

f0289824_1812304.jpg


毛並みも色艶も良く、食欲も旺盛で、パッと見その歳には見えないけど、
やはり、それなりに視力聴力の衰え、足腰の衰え、排泄の失敗、
徘徊や吠えの問題が出てきているようで・・・。

若い犬の落ち着きのなさとは違う・・・
若い犬の無駄吠えとは違う・・・
老犬独特の問題行動ということが浮き彫りになってきます。

排泄の問題などはある程度、おむつ等で物理的に回避は出来るかもしれない。
ただ、徘徊と吠えには密接な関係性もあり、対応するにはスペースや住環境などの
問題もあり、現状のままでは限界を感じてしまうことがあります。

ノア君の場合、徘徊が始まるとしばらくそれは止まらない。
開始の時間も終了の時間も定まってはおらず、気分次第といったところでしょうか。

一部屋まるまるくらいの、ある程度の広さを自由に徘徊出来れば安心している感じですが
広さを制限されたりすると、途端に不安に陥りストレスが強まってしまい吠えに繋がるようで。

吠えたからといって、それを「無駄吠え」だとか「わがまま」だとか、
しつけ的な観点だけで片付けられる問題ではないのは確かです。

MWのように、日中色々な人や犬が出入りするところでは
おじいちゃん犬やおばあちゃん犬にとっては、やはり落ち着かないだろうし、
それなりのスペースというものを提供できないから・・・受け入れるにはちょいと難しい。


f0289824_18132227.jpg





はてさて・・・どうしたもんか・・・

人もワンコも、高齢化社会・・・色々な課題が山積みですね。


ねぇ、ノアじぃさん♪
[PR]



by yonyongoncooha | 2013-07-10 16:08 | どうぶつ

  Dog & Human Place   犬のしつけ教室 マザーウルフ      *YON blog*      ~多分、お仕事じゃない話~
by YON

最新の記事

そんなに見送られるとですねぇ..
at 2017-04-17 17:29
MW五反田上陸記念日~♪
at 2017-04-04 16:35
かかと・・・お大事に。
at 2017-03-16 19:59
お参りへ♪
at 2017-01-06 13:19
上信越CAMP ~最終日~
at 2016-12-12 20:06