おおかみの休日 ~バランス良好なり~

<   2016年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧




ホテルに泊まる・・・ということ。

教室の窓の外を眺めて・・・ ママが迎えに来るのを待ってる・・・

この子はだ~れ?

f0289824_186648.jpg



たまにホテルでお泊りに来る、卒業生のバティさん(本名:バティーナ)です。

元々は保護犬で、やさしい飼い主さんに引き取られ、マザーウルフで基本トレーニングをしてくれました。

と~っても控えめでおとなしくて、本当に謙虚な女の子です♪

f0289824_1864193.jpg


保護される前のバティさんの過去は知りませんが、
今現在の彼女はとても満たされていて、本当に良い縁で結ばれたのだなぁ・・・と実感させられます。



正直、ホテルに預けられる事自体は、本人はきっと嬉しくはないだろうと思います。


普通に幸せに暮らしているワンコの大抵は、飼い主さんと離れることは淋しいだろうし
多少なりとも不安はあると思いますから・・・


それでも、飼い主さんの都合によって預けなければならないこともありますので、
飼い主さんと離れてお泊りすることも、犬の大切なお仕事のひとつだと思っています。


バティさんは、お預かり中ケージでおとなしく過ごしてくれます。
レッスンで訪れる生徒さんも、下手するとスタッフも気付かない位、
スーッと気を消して過ごしてます(爆)

休み時間中、ケージの扉をオープンにしていると、出たい時には出てきて「撫でて~♪」と軽くスキンシップをとり、トイレは教室の共同トイレシーツに行ってしてくれて・・・あとは、ほぼほぼケージで過ごしています。
本当に絶妙な距離感(バティさんにとってベストな距離感)で過ごしています。

こちらも無理強いはしませんので、そんなに居心地が悪いわけでもないと信じておりますが、はじめの頃はご飯食べなかったり、トイレしなかったり・・・まぁ、そんな感じでした(苦笑)

しかし最近は、ご飯もちゃんと食べてくれますし、トイレもすっきりしてくれますので、私も一安心です。


でもって、私の態度で自分のチェックアウトの日がわかるみたいで・・・

ホテルのアウトでは、「早く帰りたい~!こんな所もうヤダー!」みたいな、悲壮感たっぷりで騒ぐ子も居たりはしますけど・・・(涙)

バティさんのは、それとは全然違ってて・・・

今日帰れるかも?と察すると・・・
足取り軽くソワソワ♪ウキウキ♪で、段々テンションが高まっていくのです。
窓の外をちょいちょい覗きに行ったり・・・
ソファに寝っ転がって、ペシペシ前足で私を叩いてみたり(笑)

それを見ていると、こっちまで幸せな気分になっちゃうような・・・何とも心地よいテンションなんです♪


絶対にママが迎えに来てくれる「信頼感」と言いますか・・・「幸福感」と言いますか・・・

で、ママが迎えに来ると、飛びつき甘え吠えをして、普段では絶対に見れないバティさんのはしゃぎっぷりなんです♪

何だか、達成感にも似たこの「幸福感」を味わえる瞬間を・・・大いに満喫しているかのようなのです♪


本当にそう思っているかどうかは・・・バティさんに直接聞いてみなければわかりませんから
あくまでも、私の感覚論でしかありませんが・・・そんな気がするのですぅ(笑)



不安だったり、我慢だったり・・・

これらの感情は悪い事ばかりではないのだなぁ・・・って、あらためてバティさんから気付かされました。



そのあとに訪れる、「達成感」や「安堵感」や「幸福感」を倍増させてくれる魔法のアイテムだと思えば・・・

そこでしか味わえない幸せな感覚があるとしたら・・・


ものは考えようなのですね~!!





過去はどうあれ、今をどう生きるかが、犬生も人生も豊かなものにするのですね、きっと♪





ホテルでの過ごし方は、犬によって様々です。

ホテルで過ごす時間を思いっきりエンジョイ出来る子もいますしね!
  こんな子とか・・・
  こんな子とか。



それぞれに合った過ごし方が出来ればいいんじゃないかなぁ~。。。




※マザーウルフのホテル利用は
原則、「Open up コース」の卒業生のみのサービスになります。

悪しからず。




。。。
[PR]



by yonyongoncooha | 2016-05-18 23:54 | どうぶつ

負けず嫌いの犬!

ハイッ! アタチ、負けず嫌いのクレイと申しますぅ。。。

f0289824_15501768.jpg

特にカーボンにだけは絶対負けたくありましぇ~ん!!!
f0289824_15494739.jpg


真っ向勝負の負けず嫌いタイプ!

基本、内輪に対してのみで、誰かれ構わず勝負を挑むわけではございませんが

負けちゃったりすると・・・
ハンカチ咥えて手で引っ張りながら、「キーッ!!」って、悔しがる・・・オンナです(爆)

敵意というものを持ち合わせておりませんので「ヴ~ッ」とか唸ったりしませんが、負けず嫌いモードに入ると「キ~ィヤッ!!」とか「ァ~ア~ッ!!」とか変な奇声を発したりする、ちょっぴり(イヤかなり)残念な乙女です(+o+)


犬にも私たち人間と同じように、色々な性格があって・・・


犬のトレーニングをしていると、どうしてもそこの部分=「性格」を避けて通れないのです。


最近、と~っても興味深い子(犬)に出会いました。
うちのクレイとはちょっと違うタイプの「負けず嫌い」でして・・・
初めてお目にかかるタイプの子なので、ちょっと記憶にとどめておきたくて記事にします(笑)



さてここからは・・・あくまでもワタクシの妄想もちょいちょい入ってのお話ですが・・・



メンテナンス・レッスンに来た、ある卒業生の女の子(ワンコ)。

レッスン当初パピーの頃の彼女には、あまりその辺が感じられなかったのですが、
1歳近くなった最近、それが顕著に現れたようなのです。


「負けず嫌い」=「気が強い」わけではないんです。
噛んで反抗したりするわけではないですし、指示を聞かないともちょっと違うんです。
人に対しても犬に対しても、攻撃的な所はありませんし。

ただ、ひと言で言うと、と~っても面倒くさい性格ではあります(笑)

よくよく彼女を観察していくと、どうやら・・・
ある物事に対して『勝った』or『負けた』で答えを出そうとしているようなのです。

でも、本来そこには「勝った」も「負けた」も存在しないのに、そこにある事柄を受け入れること=「負けた」ということが、どうやら彼女の頭を支配しているようで・・・
どうにもこうにも受け入れられない・・・という感じ。

そこには対峙する相手(人間)がいて、その相手から「はぁ~、もう負けたわ!」という感情を引き出すことに全エネルギーを注いでいるご様子。
飼い主さんが「私が悪いのかしら・・・」とか、「何だか、可哀そうで・・・」とか、はたまた「あなたは何で私の言う事きかないの(怒)」とか・・・
とにかく、相手のネガティブな感情を引き出すことで、自分が「勝った」と感じるのか???
こちらが、ネガティブな感情を抱けば抱くほど、ドツボにはまっていくパターンでして。


例えば、単純に
「サークルの中で座らないと、この扉は開きません。」=損
「座れば、この扉はすぐに開きます。」=得
という事柄があったとします。

ポジティブでシンプルな犬らしい性格の子であれば、自分にとっての得は=「さっさと座ること」となります。
ただ座るだけですから、さほど面倒でもありませんので、早く出るために座るでしょう。

あっ、もちろん外に苦手な対象なりがあって、「今、私ハウスから出たくないです。だから出ません。だから座っても座らなくても関係ありません。」なんてケースもあるかもしれませんが、それはそれで単純だからわかるんですがね。



ですが、彼女は何を考えるかというと・・・


ワンコ: 「ここで座るということ=相手が望んでいる事。それに従うという事=何だか負けた気がする。」


YON: えっえっえっ?何で何で~ぇ?何でそういう解釈になるの~?



①「さっさと座る=さっさとサークルから出れる」=わぁ~い、自由だ~っ!と、

②「いつまでも座らない=いつまでもサークルから出れない」=出れませんけど、何か。

で比較したならば・・・あなたが犬ならば、どちらを選択しますか?


しかも、犬は特に命令なんてされてないんです。反抗するも何も・・・。
人間に「すーわーれー!」とか鬼の形相で言われたりしてないのよ(笑)
あくまでも、事前に「座ったら、扉は開きます。」という、その仕組みを教えて理解をした後の話ですから。

当然、私なら迷わず「①」です。サクッと座っちゃいます!
1分1秒でも早く出て、あんな事、こんな事、悪さだってしたいですから~。

なのに・・・彼女はというと、「②」を選択するのです。決して頭が悪いとかではないんです。
外で「マテ」とか言えば、それなりに待てるし~。イイコちゃんなんです。

にもかかわらず・・・頑なに「②」なんです。
暴れたり、吠えたりもしないんです・・・ただ、ひたすら「②」なんです。
かと言って、出たくないわけではないんです。ひしひしと出たい気は満々なんです(苦笑)

飼い主さんいわく、「うちの子、集中力がないんですね・・・きっと(沈)」と・・・

イヤイヤイヤ、か~な~りの集中力ですよ~!!!!ビックリするくらい一点集中です!
「絶対に負けてたまるか~!!!」の、それしか考えてないです。
THE・負けず嫌いのオーラ全開です(爆)


彼女が、どうしてそんな考えに至ったか?・・・

・・・は、何となく飼い主さんのお話から、思い当たる節もあるのですがね・・・


いや~それにしても、そこでそんなに意地はるかぁ?



ワンコ: 「絶対に座るもんかっ!今すっごく眠いけど、絶対に座ったら負けだ!足カックンしてるし、ユ~ラユラ揺れちゃうほど眠いけど、絶対に座ってたまるか~!!」
「座ったら、負けなんだ~!奴の思うツボだ!」

YON: 「はぁ~?奴ってダレ?何のツボ?」「そもそも、どこと戦ってんの?」
「座ったら負けって・・・どちらかと言うと、座った方が勝ちだと思うんだけどなぁ。」

ワンコ: 「そうかもしれない・・・そう、知ってる・・・座った方がいいに決まってるぅ!」
「でも、それを認めること自体が・・・負けてる気がするのよっ!」


 ・・・みたいな。



う~わぁ~~~、面倒くさいぞぉ~~~!!!(爆)

居ますね、居ます!こういうタイプの人。別に嫌いじゃないけど、面倒くさい人ね(笑)
飼い主さんも言ってました。「あ~、いるいる。私の部署にいるんです。そっくりすぎます~(爆)」とな。


でも、犬ですから!あなた犬ですからね!
そんな面倒くさいとこ、人間に似なくていいのよ~(汗)

そもそも、誰もあなたのことバカになんてしてないし、負かそうなんてしてないからね!
もう少し、シンプルに物事考えた方が楽チンに生きれると思うんだよなぁ~(笑)



ただね・・・


これは彼女(犬)の個性だし、負けず嫌いの性格は変わらないかもしれないけど、
負けず嫌いの性格が「ダメ」ってわけではないのですよ。

飼い主さんは、それもひっくるめて彼女の全部を受け止める勇気が必要ってだけです。

そのエネルギーがネガティブな方向にさえ向かなければ、それは強みにもなるわけだし!
その一点集中のパワーを、もっと違う形で使えれば・・・いわゆるアスリートだし~♪♪


つまり、負けず嫌いは上手に使ってもらえれば良いのです。


そもそも「勝ち」「負け」なんて存在しないところで、存在しない敵と不毛な戦いをしても勝負にすらなってません。
それは、ただただ時間の無駄というもののような気がします。


と、この子(ワンコ)に教えるには・・・いや~、実に難しい!

でも、実に面白いかもしれないので・・・
飼い主さんと二人三脚(?)いや三人六脚(?)で、頑張って参りましょう♪




ということで、久々に「犬のしつけ」っぽい話でしたが・・・


いや、これは人間の複雑で面倒くさ~い性格のおはなしですよね(笑)



わたくしも、そんな「負けず嫌いのネガティブワールド」にはまっていた時期がありましたよ・・・うん、確かにありました~、若かりし時ね。 
ただただ、心身ともに疲れてましたけどね~(苦笑)




我が家のクレ子は・・・
ワタシの中に潜む「負けず嫌い」が似ちゃったのかもです!テヘッ。

かなりの問題児ですが、金メダリスト並の身体能力ですし♪
(ムダに動くので、ムダに筋肉質な乙女です)

ってことでワタクシ、クレイを全身全霊でまるっと受け止め中でございます♪

常に火事場の馬鹿力のクレイを受け止めるのは、心身ともにかなりのエネルギーを消費するので疲れちまいますが、彼女から学ぶことはまだまだたくさんあるようで・・・

只今、負けず嫌いクレ子の生きる道を模索中でございます(爆)
f0289824_1531057.jpg


「2位じゃダメなんでしょうか?」  byレンホー
 
「ハイ、絶対1位じゃなきゃダメなんです!(キッパリ)」 byクレイ



・・・だそうです。



。。。
[PR]



by yonyongoncooha | 2016-05-13 12:02 | どうぶつ

  Dog & Human Place   犬のしつけ教室 マザーウルフ      *YON blog*      ~多分、お仕事じゃない話~
by YON

最新の記事