おおかみの休日 ~バランス良好なり~

本当の意味の反省とは・・・

今日はちょっと重たい話。


『反省させると犯罪者になります』


f0289824_1927811.jpg



あの(どの?)かぼ君も引くくらい・・・ちょっとドキッとさせられるタイトルですが、
つい最近読んだ本のタイトルです。

ネット上の何かの記事で目にしたタイトルで、ず~っと気になっていました。
手に入れて、読みすすめていくと・・・
同じ事を角度を変えて、何度も何度も、繰り返し繰り返し、同じ事が書かれています。
途中、「ちょっと同じ事を繰り返し書きすぎじゃない?」とも思いましたが、
ある意味、そのくらいしつこく解説しないと、読者に理解してもらうには
ハードな内容なのかもしれません。

ワタシ的には、深く興味がそそられる分野でもあったので、
著者の言わんとしている事が理解出来たつもりですが・・・
ひょっとしたら、このタイトルから安易な気持ちで読みすすめると
大きな大きな誤解をしてしまう人もいるかも・・・

そういう意味では本の「タイトル」って重要ですね~。。。


ようするに、ざっくりとまとめると

反省を求めると・・・反省しない(イヤ、出来ない)。
反省を求めなければ・・・自ら反省出来る・・・可能性がある。
本当の意味の反省にたどり着かない限り、更生へのスタート地点に立つことすら出来ない。

ま、そんな単純な言葉でまとめてはいけない内容ではありますが・・・



つまり

本当の意味の「反省」や「更生」が出来るようになるためには
被害者や被害者遺族のキモチを理解させるのではなく
まずは加害者本人が加害者である自分のキモチに目を向けさせなければならない。
それが、更生=再犯防止につながる第一歩であると・・・

といった感じでしょうか。



犯罪を犯して、刑務所に収監された受刑者のキモチ。
「この人、何でそんなことをしてしまったのだろう・・・?」と浅く考えたことは多々あるが
どっぷり深く、その人の深層心理へまで踏み込むことはまずない。
そういう機会もなければ、とうてい理解出来ないであろうという思いも強い。

世の中の常識として・・・
「被害者のキモチを理解しなさい」といって、
被害者や遺族のキモチに共感したり寄り添うことはあったとしても
よっぽど特殊な事件で、加害者に同情してしまうような事でもない限り
加害者の気持ちに共感したり寄り添うことなどない。

「共感」というと語弊があるかな・・・。
共感など出来ないかもしれないので、「解読する?」「受け止める?」の方が正しいかも。

そうしたスタンスで向き合ってくれる「誰か」がいないと、
加害者は永遠に自分自身と向き合うことが出来ないそうだ。

確かに・・・
自分の中だけで、自問自答を繰り返しても、結構苦しいもの。
誰かに聞いてもらいたくても、きっと理解してもらえないであろうという諦めや恐怖心から
だんだん何も話せなくなっていくこと・・・何となくワタシにも経験がある。

ひとりで抱え込むことは、とても辛くて苦しいけど、
人に話すことの方がもっと苦しくて勇気がいることもある。

それでも、話しを聞いてくれる相手によっては、
大きな救いになったり、自分が変れるきっかけととなるのだ。



この本にも書かれていたが、被害者と加害者・・・
同じ土俵で議論することは矛盾だらけで成立することがないと言っている。
この両者の関係においては、どちらも納得いくような答えなんて存在しないのかもしれない。

あくまでも、自分がどちらを支援する立場にあるかによって割り切るしかないのだと・・・。

確かにその締めくくりのひと文がなかったら、
この本の内容を自分なりにどう消化したらいいのか・・・途方に暮れていたかもなぁ。



・・・人間って、どうしてこんなに面倒くさいのだろうか?
つくづくそう思ってしまう。




ところで

犬には、「罪」の意識や「反省」という概念があるのだろうか?
罪を犯した犬が、他の犬に裁かれたり、延々と反省を求められたり・・・
ないわけではなさそうだけど、人間のそれとはまた違うような気がする。


その話については、またの機会に。


f0289824_19514081.jpg

めったに撮れない、とまの悪そ~な顔・・・裏とま!



by yonyongoncooha | 2013-07-22 17:29 | おもうこと

  Dog & Human Place   犬のしつけ教室 マザーウルフ      *YON blog*      ~多分、お仕事じゃない話~
by YON
更新通知を受け取る

最新の記事

うなぎでも食べに行きましょか~!
at 2018-09-21 18:01
さよならの向う側
at 2018-07-07 23:35
目は口ほどにモノを言う。
at 2018-04-14 18:54
もみたんの旅立ち
at 2018-04-05 15:52
色んなサクラ✿
at 2018-03-30 14:13