おおかみの休日 ~バランス良好なり~

カテゴリ:おもうこと( 18 )




さよならの向う側

なかなか記事にすることが出来ませんでしたが・・・
大きなイベントも無事に終わり、少し心の整理もついたので。



去る5月3日・・・ゆずが15歳の天命を全うしました。

f0289824_19090824.jpg

とっても我慢強くて・・・いつもクールで・・・でも本当は甘えん坊で

彼女はカッコイイくらい、潔い生き方で、潔い逝き方でした。



最期の1年間くらいは、本当にかわいいお婆ちゃん、って感じで、

お散歩の時の脚側も何故か右側にツキたいと言うので、それも良しだし

呼んでも聞こえない?ふり?・・・ま、それも良しのご隠居生活でした。

f0289824_18324198.jpg





私と共に・・・マザーウルフと共に・・・

15年の歳月を一緒に歩んで来た相棒であり、私にとって特別な存在でした。



f0289824_22444369.jpg




私の一目惚れで、ブリーダーの元から連れて来られたその日から・・・

私も必死で、ゆずも必死で・・・



f0289824_11414354.jpg




社会の荒波も理不尽も・・・嬉し涙も悔し涙も・・・

アレコレたくさんの出来事があって、

マザーウルフをやめてしまおうかと、くじけそうになった事もあったけれど・・・

いつも傍にゆずが居てくれました。





面倒くさいと言いながらも・・・レッスンを手伝ってくれて、

やんちゃな妹や弟だって・・・ゆずがいてくれたから心強かった。





f0289824_17463654.jpg




キャンプやハイキングも・・・たくさん色んなところに出かけては


f0289824_16034972.jpg


f0289824_15580699.jpg

自然の山道を歩きながら食べるコケや雑草が大好物でした。


f0289824_17150180.jpg



MW女子達と一緒にはしゃいだ秋の海辺も楽しそうで・・・


f0289824_11000405.jpg





しばらくは、ゆずの事を口にする度、涙が出てしまいそうになり

それを我慢するのがちょっと大変で・・・

何となく話を避けてしまっていた感がありましたが


f0289824_11550108.jpg





それでも・・・ジタバタせずに・・・穏やかに・・・

ゆずがそうだったように、私も時の流れに身を委ねています。




f0289824_17080934.jpg





心にぽっかり穴が空いたように感じるけれど・・・やはりそこにはゆずが居て、

肌で感じるぬくもりみたいなものは、なくなってしまったかもしれないけれど、

その代わり、そこにはゆずの魂が鎮座しております。


f0289824_17510581.jpg



空じぃさんの時だって、そうでした。

今もなお・・・空の居た心のスペースには、空がいます。



f0289824_15510310.jpg


だから・・・大丈夫です。




あなた達とは、いつでも、どこでも、一緒に居られる気がするから。


f0289824_16365999.jpg





さよならの向う側は



そんな感じです。



。。。




そして今頃は

ひと足先に天国に旅立った友たちと、想い出話に花が咲いているのでしょうか?

f0289824_12355808.jpg


。。。




あなたに逢えて本当に良かった。


f0289824_16010675.jpg


ゆっちゃん、ありがとうね。


f0289824_15375812.jpg


。。。
















[PR]



by yonyongoncooha | 2018-07-07 23:35 | おもうこと

もみたんの旅立ち

桜の花が舞い散るなか・・・

また、ひとつ・・・命のお見送りに行って来ました。



卒業生の小梅ちゃんの妹分、 “紅葉ちゃん” が12歳で天国へと旅立ちました。

f0289824_16351710.jpg

定休日、実家でゴロゴロ過ごしておりましたら、携帯に一本の着信が・・・
少しザワザワと胸騒ぎ・・・
過去にも同じようなシチュエーションがあったもので(汗)


ママさんから「今日、もみじが亡くなりました・・・」と。

思わず、「えっ?もみたん?・・・小梅ちゃんじゃなくて??」と聞き返してしまった(汗)

「小梅ちゃんじゃなくて?」と聞くのもおかしな話ですが、
年齢的な順番と、その他諸々の背景もあり・・・つい。


小梅ちゃんの、妹分としてお家にやって来て12年。

遠足などのイベントにも、ママとねぇねと小梅姉ちゃんと一緒に、
いつも仲良し家族で参加してくれていました。


f0289824_17035654.jpg
f0289824_17313478.jpg

小梅姉さんにとっては、もみたんが居てくれた事で随分世界が広がった事でしょうね。


f0289824_16371604.jpg

本当に面白い子だった、もみたん。

たっくさん笑わせてくれました。
笑わせてくれた出来事しか・・・思い出せないくらいです(泣笑)

もちろん、カワイイ子なのですが・・・
可愛いらしいという表現ともチョット違うような気がするんです。

上手く表現出来ないけど・・・不思議ちゃんだった、もみたん。
私の記憶に強烈な印象を残してくれたワンコです。


f0289824_17144699.jpg


亡くなった翌日、eiちゃんと一緒に最後のお別れをしにお宅にお邪魔しましたが・・・

本当に安らかなお顔で、眠っているようにしか見えませんでした。

毛並みも・・・身体も・・・すべてが柔らかで・・・
本当に、スヤスヤと寝息が聞こえてきそうなくらいだねって。

色々お話しを聞きながら、もみたんの穏やかなお顔を見てたら・・・
最期の時、もみたんらしく逝けたのではないかなぁ・・・って思います。
タイミングだったり、場所だったり・・・ね。


生きている間、ワンコ的にはなかなか思い通りに行かない事も多々あるけれど・・・

せめて逝き際は、ワンコが自分の思う通りに演出して逝くんじゃないかなぁ~?なんて、勝手にそう思っている私です。

その当日に
お仕事お休みすれば良かった・・・とか、
お出かけしなければ良かった・・・とか、
病院に連れて行けば良かった・・・とかね。

飼い主様的には、色々と悔やまれる事があるかと思いますが、

でもでも・・・その想いはワンコも十分わかった上で、そのタイミングを選んで逝くんじゃないかなぁ~と。



これからしばらくの間、紅葉ちゃんを失った喪失感と向き合う時間が、とても大変かもしれませんが・・・それも、犬との生活の一部なんですよね。

そんな事を私の立場として・・・もみたんから、あらためて教わった気がします。


f0289824_16403375.jpg

でも・・・でも、もみたんとの想い出話をしていると・・・
どんなに悲しくても、どんなに涙がこぼれても・・・
気が付くと笑顔になってしまうのです。

不思議な感覚ですが・・・
それが、もみじと言うワンコのパワーなのかもしれません。


もみたんは、みんなから愛されて、みんなを思いっきり笑顔にすることが出来て・・・
本当に幸せな犬生を送れたワンコだったと思います。


f0289824_17161402.jpg


もみたん・・・出会ってくれて、本当にありがとうね!

私もkenセンセもeiちゃんも、もみたんの事大好きでしたよ~♪


天国にはね・・・
優しい空じぃさんを筆頭に、ひと足お先に逝ったマザーウルフのワンコ達もいるからね・・・

きっと、さみしくないから・・・安心してね♪



。。。



[PR]



by yonyongoncooha | 2018-04-05 15:52 | おもうこと

ポリシーって、何だろう?

2001年の2月に横浜で『マザーウルフ』というネーミングが生まれて17年。

そして、2003年の4月に、この地『五反田』に教室を構えて、早15年が経とうとしています。


何のために?

誰のために?


正直、ちゃんとした答えはよく分からないままに・・・


どんな訓練を?

どんな風に?


トレーニングの形や進め方などは、
あきらかな進化?というか、変化を遂げているけれど・・・

値段やシステムは若干変わっているけれど・・・



ただひとつだけ・・・立ち上げ当初と全く変わらないものがある。


それは 『ポリシー』
http://mother-wolf.com/pg21.html


つまり 『マザーウルフの想い』である。
f0289824_19285248.jpg

あまり、人の目に触れるページではないと思うけれど・・・

この想いに共感して、うちを選んでくれるお客様もいる。

マザーウルフのスッタフも全員、私達の想として共感してくれている。

うちのHPにも、パンフレットにも、
ずっと・・・ずっと変わらず、そこにあるもの。



自分の心の中に思い描いたものを

丁寧に・・・じっくりと・・・時間をかけて

自分の言葉で語った、大切な想いです。



他人から見たら、そんなに大した言葉でも文章でもないかもしれないけど・・・

私は・・・この想いを道しるべに、今も歩き続けているのです。



・・・



急に何でこんな話を?



auのコマーシャル、『鬼ちゃんと息子の会話篇』の中で



「学んだことは誰にも奪われないから」


ってセリフが、何だか妙に心に染みてね~。



今の世の中ね・・・
色々と疑心暗鬼になる事があったり、何だか切なくなる事もある(苦笑)




で、そのセリフを思い出して・・・


そう、『ポリシー』も同じ事だな!!って。



学びの先に『ポリシー』が生まれて・・・

『ポリシー』の先に、さらなる学びがある。



だから・・・

誰にも奪われないから・・・大丈夫!!



ってね!




ちょっと意味深っぽいけど・・・大した意味はありません(笑)


たまにはこんな話も、してみよっかなぁ~って感じです。





まぁ・・・出来れば・・・

『人のポリシーを軽んじてほしくないなぁ~。』ってお話しでした。

f0289824_10171136.jpg
くじらに乗ってはしゃぐ・・・まだ若かりし日の、ゆず。
何だか楽しそ♪






おしまい



。。。







[PR]



by yonyongoncooha | 2018-02-02 10:53 | おもうこと

人それぞれの・・・ペットロス

マザーウルフを始めて、横浜時代を含めれば16年が経ちました・・・
16年も経てば私が訓練で関わった犬達の中にも、天国に旅立った子がいます。

お客様とある程度のお付き合いがあると、そのお知らせを下さったりします。



最愛の家族である〝愛犬” が亡くなるという事・・・

犬と暮らしている人ならば・・・いつかは訪れる辛く悲しい出来事です。

犬に限らず猫だって鳥だって・・・命あるものすべて。



『ペットロス』という言葉・・・

仕事柄、この言葉に直面する事があります。

突然そのような話が来たりすると・・・

正直、ドキッ!とします。
心臓がバクバクしてしまいます。

第一声何と言葉をかけたらいいのか・・・
喉が詰まってしまい、一瞬息が出来なくなります。

私の人生の中でも、何度か愛犬や愛猫を亡くし『ペットロス』を経験していますが、多く経験したから慣れるというものでもありませんし、その心の痛みはその本人にしかわからないことですから、他人と比較するようなものでもありません・・・。


『ペットロス』の受け止め方は人それぞれで・・・

他人にはその気持ちを測り知る事は出来ませんし、もしかしたら当の本人であっても測り知る事なんて出来ない物なんだと思います。

何をどう感じているのか・・・?

同じ「悲しい」とか「辛い」とか「苦しい」とか・・・
そんな単純な「ひと言」「ふた言」で伝えられるような想いではない、もっと複雑で深く彷徨ってしまっているかもしれません。

それが訪れた時にしか、
人は自分がどうなってしまうかなんて分からないものですからね。


だから・・・

その時によって・・・

飼い主様がどうしたいか?によって・・・なのだと思います。


愛犬を思い出す事が辛すぎて、一切の想い出話や写真や、街中で犬を見る事すら出来ないという方もいます。

とにかく、たくさんの想い出話しをして、愛犬の写真や思い出の品にずっと触れていたいという方もいます。

思い出す暇もないくらい一心不乱に仕事や趣味に没頭して、ただただ時間が過ぎるのを待つという方もいます。


・・・


それが良いとか悪いとかではなく、人それぞれ・・・なのだと思います。

心は常に変化しているので、時が過ぎたり、1頭目の時と2頭目の時と違ったりするかもしれません。


たまに、お客様やスタッフから『ペットロス』について、セミナーというか、お話し会のようなものをして欲しい・・・と言われる事がありますが、

でも、やはりそれは・・・人それぞれ・・・の事なので、ひとつの形として作りあげることは・・・私には難し過ぎます。(苦笑)

なので、そこへのアプローチは、今はマザーウルフのしつけ教室と同様に
必要とされるのであれば、個々への対応として取り組んでいきたい思います。


マザーウルフとして、その手助けが出来るか?出来ないか?は
あくまでもお客様の声に従いたいと・・・そう思います。


お酒を飲みながら、想い出話をたくさんすることだって出来るかもしれません。

セラピードッグとして、とま(癒)やクレイ(爆)だって、お役に立てるかもしれません。彼女たちをお共に遠足やイベントに参加したり、ホームステイだったりね。
クレちゃんだって、1頭だけでいれば、大人しく添い寝をしてくれるんイイ子なんですヨ(爆)

一緒にキャンプしたり別荘に泊ったりして、一晩中その子の話で盛り上がって、人目も気にせず泣きじゃくったり笑ったりする事だって出来るかもしれません。


それで、少しでも心が落ち着いたり、明るく前向きになれるとしたら・・・

そんな寄り添い方もアリなのかと・・・



『ペットロス』という感情の前では・・・

気の利いた言葉をかけてあげられる自信などないけど・・・


でも、しつけを通し、客観的に冷静にその子と飼い主様の姿を見続けてきた立場の人間として・・・その子(愛犬)の気持ちをもっともっと伝えてあげられるかもしれません。


救えるとか救えないとか・・・大それた事は言えませんが

その子と共に過ごした日々、すべてが辛く見えてしまうより・・・

この先の人生を歩んでいく上で、その子との日々が大きな力になっていく事や
亡くなったその子に守られているんだという安心感を感じてくれる事の方が・・・

その子にとって何よりも幸せである事は間違いないと思いますから。

それだけは、私が唯一自信を持って言える事です。




ところで・・・何故?今こんな話?



それは・・・今年2月にある卒業生ワンコが病気で旅立った事にあります。


亡くなった事をその翌日のうちに、直接電話で知らせて下さいました。

パパもママも涙声を絞り出すように・・・
「落ち着いたら、教室に行くから・・・」と。


それから・・・あっという間に半年が経ちました。


どうしているのか?・・・ずっと、心に引っかかっていて・・・
スタッフとも事あるごとに話題になります。

出会った頃の事を思い出せば・・・
かなりのショックを受けている事は容易に想像がつくと。


遠足やキャンプでも常連さんで、お酒を酌み交わしていた仲でしたが・・・
このブログでその子の記事を書く事さえも出来ずに・・・。


私に出来る事があるならば・・・という気持ちと、

もしかしたら、絶対に触れてはいけないのかも・・・という気持ちと、


直接お会い出来ないと、飼い主様の「今の気持ち」が見えなくて・・・
どうする事も出来なくて・・・心がザワザワ。



でも、そんな事を思う事自体、実は余計なお世話なのかもしれない・・・とか。



ついつい・・・ついつい、こんな事を悶々と考えてしまう私です(苦笑)



それでも・・・

それでもマザーウルフは、ただの「犬のしつけ教室」ではなく

『~Dog & Human Place~ Mother Wolf 』

という思いで、今日まで突き進んでまいりました・・・



せっかくワンコが繋いでくれた、この『縁』・・・

例え今現在、ワンコがそこに居なかったとしても、

そのワンコと飼い主さんの『居場所』であり続けたいと思っております。


そんな想いが・・・届けばいいなと。



例えばこんな場所で、囲炉裏を囲んで夜遅くまで語り合ってみたりして・・・♪

f0289824_20211421.jpg
そんな風な事に・・・想いを巡らせています。( MWゲストハウス@伊豆高原 )




『人それぞれの・・・』

そんなことも、犬が教えてくれたことのひとつ・・・です。


↓ ひと足先に天国へ旅立っていった彼等
囲炉裏・・・イヤ、青々した草むらを囲んで、小枝をポリポリつまみにして、
マザーウルフでの想い出話に花を咲かせているんじゃないかなぁ~・・・♪

「YONセンセ、キレるとマジ怖かったよネ~!」 「そうそう(笑)」 
by卒業生一同 ・・・ 的なね~ (爆)








。。。



[PR]



by yonyongoncooha | 2017-08-16 17:51 | おもうこと

そんなに見送られるとですねぇ・・・

卒業生のラブラドールの『らぶ』。御歳14歳。

f0289824_16215950.jpg


前回から久しぶりのお泊りでしたが、だいぶ足腰にきている感じで・・・
本人しっかりと立っているつもりなのでしょうが、
段々と内股のスクワットの様な状態で中腰になってしまいます。

座ってしまった方が楽なのに・・・とも思うのですが、
中腰の方が楽なのか?その姿勢をかなり長い時間キープします(苦笑)
まるで筋トレしてるみたいです(爆)

でも、無駄吠えもありませんし、トイレもちゃんと自分で行きますし、
グググイッと迫ってきて構って構ってと攻めてもきますし、
頭はわりとシャンとしていて、若い頃と相変わらずの天然でキュートなワンコです。

ただ、真夜中ゴソゴソと起きるので、こちらもなんとなく目が覚めて、
らぶのサークルを見てみると、何故か中腰のままこちらを見つめておりまして…
やはりその体勢がキツそうで、見てるこっちが疲れるぅ(+o+)

うちのホテルは至れり尽くせりの極上ホテルではございません。
構って欲しくても私に冷たくあしらわれることもありますし、
事によってはマジで叱られます。

そんな感じで、らぶにとっては居心地が良いか悪いか分かりませんが、
お泊り中は良い子で過ごしてくれました。


そして、チェックアウトの日…

今回は送迎希望だったため、お家まで車で送って行くと、
元気にママの元へ、わぁ~い♪って。

玄関先で別れを告げて車に戻ると・・・
らぶが、いつまでもずっとこちらを見つめて見送ってくれていました・・・ずっと。

ずっと。

別れを惜しんでくれているのか?
それとも・・・
運転、気を付けて帰れよ~!と、心配してくれてるのか?

ん~、どちらかと言えば・・・後者なんだろうけど(爆)


大体いつも、教室でのチェックアウトの際はみんな足早に帰って行くので…
逆に見送られるというのが、何だか新鮮というか戸惑うというか…

何でだろう、思わずウルッときてしまいました(;O;)


あははっ、私も歳をとったってことですかねぇ。
f0289824_16224143.jpg

こんな夜桜にも

。。。
[PR]



by yonyongoncooha | 2017-04-17 17:29 | おもうこと

MW五反田上陸記念日~♪

本日『4月4日』・・・桜の時

この地「五反田」で、マザーウルフを開業した記念日でございます♪

* * *
f0289824_14221495.jpg

↑ 道路に落ちていた桜の花。
ただ踏まれてしまうには可哀そ過ぎるので・・・拾い集めてお花見です。

* * *


2003年に横浜から拠点を移し、本格的に教室を構え、
地味~にコツコツと月日を重ねて参りました。

そして、気が付けば・・・14周年を迎えておりました~♪


「15」ではない、中途半端な「14」という数字ではございますが、
私的には好きな数字(4)でありますので、何だか特別な気分です♪


特に、何周年・・・という意識もないまま過ごしておりましたが
先日、ある企業からのDMがポストに届きまして・・・

「14周年おめでとうございます♪ マザーウルフ御中」とあり、
封筒にはサンプルの社名刻印入りボールペンが入っていました。
f0289824_1416641.jpg

デザイン的にも好みな感じで、書き味もGoodでしたヨ!

全く見ず知らずの人?会社?からで、
ホームページにも何周年なんて書いた記憶もないのですが、
うちが14周年を迎える事を知って、お祝いの言葉と共に頂いた訳です。

たとえ、それが単なる営業目的であったとしても・・・(苦笑)
「おめでとう」という言葉をかけて頂くのはとっても嬉しいものです。


大きな飛躍でも、派手な人生でもないけれど
この14年間の軌跡を遠くの誰かからそっと認めてもらえたようで
じんわりと胸が熱くなる思いでした。

DMで泣きそうになったのは、はじめてデス~(涙)

ま、先方はあくまでも営業目的ですよ~(笑)
私個人を褒めてるわけでも何でもありませんよ~(苦笑)
「社名入りボールペン、販促用にいかがですか~っ?」って話ですよ~(爆)

でも、そんな心地良い営業なら、Welcomeで~す❤(^.^)❤


14周年ということは・・・うちのゆずも先月14歳になりまして~♪
そう、マザーウルフとゆずは同い年なのであります。
f0289824_14163454.jpg

あちこちガタはきておりますが、なんとなく若く見える婆ちゃんです(笑)

そろそろ現役引退させようかなぁ~、とは思っているのですが・・・
何にもしないでゴロゴロ寝てばかりで、ボケちゃっても困るので、
やはり、本人の出来る限りで頑張ってもらう事にしております。

レッスン中、「おいで~!」「ツケ~!」「ハウス~!」とか言っても
聞こえてない?のか、聞こえないふり?なのか、定かではありませんが
全く反応が鈍くて・・・ちょいちょい赤っ恥をかかされます(爆)

なのに・・・ゴハンの音だけは、どんなに遠くに居ても聞き逃しません。

まぁそれも、今まで14年間ティーチングDOGとして一緒に頑張って働いてくれた
彼女への『特権』といたしまして、私は超甘~ぃ対応となっております(苦笑)



この14年間、とにかく色々な事がありましたが・・・

たくさんの犬と飼い主様と出会い、ただただひたすら向き合い続けた先に『今』があります。

出会った数だけ『学び』と『感謝』がありました。謝謝☆



そして、これから先も・・・この地で踏ん張り続けられるよう、

心から信頼しあえる仲間と共に、一生懸命頑張りますっ!!



そ・し・て

いつまでたっても、私を悩ませ泣かせ続けるこの子達とも・・・
f0289824_1558340.jpg

命尽きるまで、共に楽しく歩んで参りましょう。


* * *


さ~て、記念日ということで・・・今日は思いっきり飲みに行くじょ~!(^^)!



。。。
[PR]



by yonyongoncooha | 2017-04-04 16:35 | おもうこと

かかと・・・お大事に。

先日、私の母(御歳84歳)から・・・

「踵(かかと)にひびが入った!痛いよ~。」と、嘆きの電話がかかってきて。


ん?踵にひび?・・・ひび割れ?・・・ん?それがどした?

かかとのひび割れなんて、そろそろ春だとはいえ、まだ寒いし乾燥してるし・・・
私だってかかとのひび割れ位・・・今さら、そんな事わざわざ電話で告げられてもねぇ。


と思いきや・・・
いやいや、ひび割れではなく、踵の『骨』にひび!!なのだと。


高い所にあった、ストックのサランラップを取るためにイスに乗ったところ
バランスを崩して、右足だけで着地・・・
転倒したわけではなかったので、無事かと思いきや、全体重が右足の踵にかかり
ガッツリとひびが入ったようなのです。

母ちゃんは、昔から何かとチョイチョイ怪我をする人で、尚且つ我慢強い人なのですが
今までの人生の中で『一番痛い!』と言いきった。。。
(えっ?出産よりも痛いのか?)

うわっ、どちらにしても、私には想像つかないけど、痛そうで怖い。


怪我をした当日は、日曜日だったこともあり病院も休みだし
本人は捻挫的なものだと思っていたので、救急車で行くのも大袈裟な気もして
その日は冷やして我慢していたそうなのですが・・・
みるみると腫れあがり、一晩中痛みで眠れず吐き気をもよおすほど苦しかったと。

翌日、病院に行き最初撮ったレントゲンでは分からなかったみたいなのですが、
尋常じゃない腫れを見て先生はCTを撮り、結果ひびが入っている事が分かったらしい。

すぐにギブスで固定して、全治2カ月~3カ月だとか。

ギブスをしてもらい、痛み止めの薬を飲んだら、痛みから少し解放されて
帰宅後、死んだように眠り続けたらしく、
それを見た父ちゃんは・・・
まさか死んだんじゃないか?息をしているか心配になったそうな(苦笑)

とにかく足を地面に着けてはいけないとのことで、
病院で松葉杖のレクチャーを受けたそうなのですが・・・

これまた、左足1本で身体を支える筋力もない、両腕の筋力もない・・・
転びそうで怖いそうです。

私はギックリ腰の時、松葉杖に大変お世話になり、ちゃんと使いこなせましたが、
80歳過ぎた人間が、はじめて松葉杖を扱うのは至難の業なのだと痛感しました。

ん~確かに・・・そりゃ、そうだよな。


しばらくは買い物にも行けないし、家事全般が不可能になります。
母ちゃんはもちろん大変ですが、
家事を全てまかせっきりだった父ちゃんも、これから大変ですよぉ(爆)

2日間程、介護のため実家に帰りましたが、私も仕事があるので毎日帰る訳にもいかず。
ここは、父ちゃんに頑張ってもらうしかありません。ハイ。


がんばれ、父ちゃん!

最近の冷凍食品は美味しいし、とりあえず電子レンジさえ使えれば何とかなるぞ!

洗濯だって、洗濯機がほとんどやってくれる訳だし・・・
干し方なんて、多少適当でもいいじゃないかっ、乾けば!


その間、母ちゃんには、寝たきりにならないためにも
松葉杖の使い方をマスターしてもらい、リハビリに専念してもらいましょ!

がんばれ、母ちゃん!



ということで・・・

歳をとりますと、こういう日々の中の何気ない出来事が怪我につながる事もありますので、
自分も含め、みなさん気を付けましょう。
やはり日頃から、体力づくりや、骨粗鬆症の予防等はしておいた方が良いのでしょうね。


もし、私に何かあったとしても・・・
ユズもトマもカーボンもクレイも、ご飯は作ってくれないし、洗濯もしてくれませんから。

私も、いつまでも若いつもりで「ヒョイ!」っとか、「オリャア!」っとか、「ト~ォ!」っとか
調子に乗って高い所から飛び降りたりしないようにしなければです(爆)


クレイの踵をひたすら攻め続けるカーボンよ・・・
も少しクレちゃんの踵をいたわってあげて下さい。
f0289824_15515989.jpg



かかと・・・お大事に。



。。。
[PR]



by yonyongoncooha | 2017-03-16 19:59 | おもうこと

お参りへ♪

2017年がはじまっております。

私、社会人1年目から仕事は途中変わるも・・・
ほぼほぼお正月は仕事の生活なのです。

今年も元旦からホテルのチェックアウトがありましたので
100%お正月気分と言うわけにはいきませんでしたが
お泊り中のワンコ達も、みんな良い子でしたので
穏やかに新たな年を迎える事が出来ました♪  ワンコ達よありがとう❤


初詣は仕事の合間を縫って、さくっと鎌倉の『鶴岡八幡宮さん』へ♪
f0289824_12354832.jpg

すんごい混んでますが、毎年こちらへ参ります♪



そして、近所の氷川神社さんと居木神社さんへは・・・混んでいる時期には遠慮して
人が少なくなったのを見計らって、ワンコも連れて参ります。
f0289824_12365929.jpg


その方が、こちらもゆっくり神様とお話しできますしね♪
f0289824_12371530.jpg

かぼ助・・・新年早々、何だその不安げな顔はぁ(爆)


今年も仕事はしっかり真摯に向き合いつつ、穏やかな時を刻めますように・・・
との願いを込めまして


ゆるゆると幕開けしました2017年。

f0289824_12383125.jpg

お泊り中のくうさんと一緒に・・・酉年だけに~♪ 耳が羽ばたいてますぅ~♪






本年もよろしくお願い致します。





。。。

[PR]



by yonyongoncooha | 2017-01-06 13:19 | おもうこと

足るを知る

「禅語」の中のひとつで、『知足』・・・

それ、すなわち『足るを知る』(たるをしる)という言葉があります。 
f0289824_1234121.jpg

※載せる機会がなかったお気に入りの写真!卒業生ブンちゃん家のちょびちゃんデス♪
ネコは『足るを知る』で、悠然と生きていらっしゃいます。何とも美しい❤




例えば・・・

もっとお金持ちになりたい。もっと会社を大きくしたい。

もっと大きな家に住みたい。もっと便利な家電が欲しい。

もっと素敵な洋服が欲しい。もっと美味しい物が食べたい。

もっと・・・もっと・・・。


あげればキリがないですが・・・


人はたくさんの「欲」を持っていて、限りがありません。


『足るを知る』ということは・・・簡単に言うと・・・
自分には何が?どれだけ必要か?を知って、それで満たされること・・・だそうです。

自分で持てるものは、自分の両手に抱えられるだけ・・・
あれもこれもと手に入れて、背負い込むほどになってしまっては
いつかはその重みで自分の心も身体も押しつぶれてしまう・・・と。


たしかに・・・


足りないものに目を向けると・・・
まわりの人が羨ましく見えたり、時には妬ましく思えちゃったり・・・。
そして心が何となくの不安や焦りや淋しさに支配されてしまうような感じがします。

でも、足りているものに目を向けてみると・・・
色々なことや人に対して感謝することが出来きたり・・・。
そして何となく心がほっと穏やかになる気がします。


「欲」が悪いと言っているわけではなくて、「欲」はあって当たり前のものでもあります。


ただ、足りないものを数える前に・・・

それが本当に自分にとって必要なものか?
無くては生きていけないものか?
必要以上に人と競争してまで手に入れようとしていないか?

じっくり自分に問うてみる余裕を持つことが必要なのかもしれません。



犬のしつけの世界で言いますと・・・
f0289824_19111623.jpg


我が家には、何かと足りないお子たちが、4頭おります。
この子らと、日々向き合っておりますと・・・

「足るを知る」どころか・・・
「お前ら、足りな過ぎやしませんか?」と、泣きたくなる日々でもございます。

あり得ないほどに・・・落ち着きが足りない、くれい。
実は小心者で・・・度胸が足りない、かーぼん。
何かは分からないけど常に満たされ感が足りない、とま。
ゲストのご飯やおやつを盗み食いする・・・節操のない、ゆず。

と言ったように、足りないものは物質的なものだけではなくて・・・色々ね。
f0289824_19393730.jpg



しつけ教室の犬なのにね・・・
私、顔から火を吹くほど恥ずかしい思いも多々いたします(爆)


私が抱く彼らへの期待もまた「欲」であります。


足りないものを数えていると・・・
自分で自分の首を絞めるが如く、息が心が苦しくなります。

でも、ふと足りていることに目を向けると・・・
例え、それがたったひとつしかなかったとしても・・・
彼らを心の底から誇らしく思えたり、より愛おしく思えます。
f0289824_1154025.jpg



そうすると・・・心にゆとりが生まれて、また新しい何かが見えてきます。

それを「諦め」という人がいるかもしれないけれど・・・(苦笑)
そんな自問自答を繰り返しながら・・・ね。


犬のしつけをする上でも・・・もっと大きく言えば、人生を歩む上でも・・・

理想を追求(欲)することはいけない事ではありません・・・
それが、お互い前向きになれて勇気や自信となり、
心に良い影響を与えているエネルギーであれば、
きっと素晴らしい結果を生んでくれるでしょう。

ただ・・・その自分で発するエネルギーが、犬や自分自身に重くのしかかって
両手で抱えきれないほどになってしまうようであれば・・・
それが息苦しくて・・・犬や他人や自分の事さえも嫌いになってしまうようであれば・・・

(そうやって、過去にドロップアウトしていった訓練士も・・・たくさん見てきました。)

そんな時には、『足るを知る』ところから見つめ直してみてはどうだろう?


きっと、違う景色が見えてくるはず。。。
f0289824_12384591.jpg



私も・・・気が付けば、訓練士になって早20年が経ちます。

この世界、「これが正解」という絶対的な答えなどない世界ですが、
犬と飼い主様とともに歩んできた年月を振り返ってみると・・・

正解かどうかはわかりませんが、『足るを知る』はひとつの極意にも感じられます。


それは「完璧な犬」をつくるために・・・ではなく、

「犬との穏やかな暮らし」を手に入れるために・・・の極意かもしれないと思うのです。


少なくとも10年前の私は・・・「完璧な犬」を追い求め、もがき苦しんでいましたから、
お客様に話す内容も、伝える技術も・・・今とは少し違っていたでしょう。

もちろん今現在も、
「理想的なしつけとは・・・?」「理想的な犬とは・・・?」「理想的な環境とは・・・?」と
日々追い求めてはおりますが・・・

人それぞれの・・・犬それぞれの・・・『足るを知る』ことを心に置いて、
心と身体のバランスを保っているって感じですかね♪
f0289824_19133379.jpg



結局・・・『欲』というものは・・・

取りに行ったり手放したり・・・と、バランス良く上手に付き合えば、

人生を穏やかに、そして本当の意味の豊かな人生に導いてくれる「アイテム」・・・

なのかも?



と思う、今日この頃でした。





。。。
[PR]



by yonyongoncooha | 2016-07-24 12:41 | おもうこと

梅雨です・・・

何だか、蒸し暑い日が続きます。。。
f0289824_13594599.jpg


ワンコもワタクシも蒸し暑いのは苦手です。
f0289824_13591270.jpg

かぼくれさん、憂鬱そうなお顔じゃあ~りませんか。。。


こんな時には、パ~ァっと・・・?何だろう?
何したら、パ~ァっと気分が晴れるんだろう?

君達は・・・
お山のハイキング~!とか、草原を突っ走る~!とかかな?

ワタクシならば・・・
とりあえず、キンキンに冷えたビール068.gifでも飲みに行こうぜ~ぃ(笑)・・・とかかな?

ところで・・・

こいつらと一緒に酒を酌み交わせたら・・・ど~なのかな~???
楽しいのかなぁ~???


クレイは・・・
ん~、やたらと奇声を発して絡んできそうだし・・・超酒癖悪そう(爆)
グラスとかすぐ割りそうだし(汗)
突然大声で歌いだすとかしそう(怖)
f0289824_1402784.jpg


カーボンボンは・・・
男のくせに泣いちゃう系?クレイに口で言い負かされて泣いちゃう感じ?
酔っ払いのクレイに頭突きとかされて・・・「も~、やだ~ぁ!びえ~ぇ」って(涙)
f0289824_1405320.jpg


でもって、面倒見の良いトマ子が・・・
「はいはい、ヨシヨシ」とカーボンをペロペロ舐めて慰めているそばから・・・
f0289824_141166.jpg

カーボンが最後に食べようと大事に残しておいた豚の骨を・・・
f0289824_1444848.jpg

あっさりユズ子が横取り・・・ 「ウマッ!!」
f0289824_1452548.jpg


でもって、クレイは絡んだまま寝る的な・・・ハイ、酔っ払い二丁上がり~っ!
f0289824_14412.jpg


お~っ、結構たのしいかもぉ~。。。
大笑い出来そうかもぉ~♪♪♪

梅雨の憂鬱が吹っ飛ぶかもぉ~?

でも居酒屋だと大変ご迷惑をかけそうだから・・・家呑み限定だな!


って・・・非現実的な、くだらな~い妄想をしてみたりして・・・
f0289824_18395482.jpg

母ちゃん、ビールとワインのチャンポンは止めましょう!悪酔いしますから・・・byかーぼん


ワタクシ・・・病んでる?

犬と飲み会とか・・・病んでますかね~? フフッ



安心してください。 ちゃんと人間相手に飲んでますヨ!



ひっく


。。。
[PR]



by yonyongoncooha | 2016-07-07 18:34 | おもうこと

  Dog & Human Place   犬のしつけ教室 マザーウルフ      *YON blog*      ~多分、お仕事じゃない話~
by YON

最新の記事

うなぎでも食べに行きましょか~!
at 2018-09-21 18:01
さよならの向う側
at 2018-07-07 23:35
目は口ほどにモノを言う。
at 2018-04-14 18:54
もみたんの旅立ち
at 2018-04-05 15:52
色んなサクラ✿
at 2018-03-30 14:13