おおかみの休日 ~バランス良好なり~

南信州CAMP ~2日目~

台風で朝から大雨だろう・・・
と予想していた、CAMP2日目の朝を迎えました。

・・・


「ねぇ、母さん。もしかして、晴れてますか?」 byゆず&とま
f0289824_18192508.jpg

「うぉ!めっちゃ晴れてませんか?」 byかぼ

f0289824_19170757.jpg

朝、目覚めると…まさかの快晴!
f0289824_11551167.jpg
台風一過の青空です!!


「うっひょひょ~い♪走るわよ~!!」 byまる
「ボクも行く~!まるオバちゃ~ん、待ってよ~!」 byかぼ
f0289824_19265702.jpg
相変わらず、どんくさい走りっぷりのカーボンは、
マルに揺さぶられております(苦笑)

まるるん・・・めっちゃ早いです!若いです!



い~ぬは喜び♪庭かけま~わる♪
f0289824_19372776.jpg
f0289824_19400391.jpg


雨で洗われた草はキレイです。心ゆくまでクンクンし放題です♪

f0289824_18241792.jpg

ここの土地は、とっても水はけが良くて、
明け方まで土砂降りだった感が全くありません。

ダックスのお腹もドロドロになる事なく・・・素晴らしいですっ!

f0289824_17024688.jpg

まさかの晴れスタートで・・・
いい意味で出鼻をくじかれた感がありますが・・・

その分、ワンコ達とCAMP場内でまったり過ごせるってもんです♪


まるるん、飛んでます(爆)
f0289824_17190350.jpg

かぼ助は・・・私が杖代わりにしていた立派な棒をブン捕って、ドヤ顔♪
f0289824_16511744.jpg
クレイの、このアスリートのような後ろ足の筋肉を見よ!!カーボンよ。
f0289824_18065208.jpg
みんなが力走している中、ゆず子さんは・・・
ぽつりんこで、ぼ~っ(^.^)♪ 何かと交信中?
f0289824_18125174.jpg

紅葉している木も少しあったけど、ちょっと早かったみたいです(苦笑)

f0289824_17292638.jpg



そして、今年12歳になるeiちゃんの一人娘マルの記念撮影♪ サイトNo.12にて。

f0289824_17231993.jpg
まるは、か弱い様で、案外たくましい子。そんでもって、女子力が高い♪
そして何と言っても、うちの連中には皆無の『繊細さと器用さ』を持ち合わせている賢いお子です♪ 立派に育ちましたね~。


ついでに、今年7歳になるカボ&クレの記念撮影。 サイトNo.7にて。

f0289824_17220097.jpg
ん~・・・こいつら、もう7歳になるのか~・・・(汗)
私の中の『犬の7歳像』を・・・見事にブチ壊してくれております2頭です(T_T)

よくお客様に、
「犬は6歳くらいが丁度良い塩梅で落ち着いて、イイ感じなんですよ♥」
な~んて話をするのですがね・・・

この2頭に関しては、待てど暮らせど・・・例外中の例外であります(爆)

お陰様で・・・最近は多少の問題児が来ても、温かい目で見られるというか・・・何だか冷静でいられる自分が・・・逆に怖いです(苦笑)

f0289824_19063829.jpg

・・・


さてさて、た~っぷり遊んだ事ですし・・・そろそろご飯の準備しなきゃだね。

f0289824_18292045.jpg

予定通り、朝ごはんと昼ごはんをまとめまして、
お庭で「ブランチTime」といたします。

f0289824_15341833.jpg



メニューは『手作りピザ』!


お粉を計量したり・・・(量りは管理人さんに借りました。)

コネコネしたり・・・

薄くま~るく伸ばしたり・・・(めん棒ないので、手で)


まぁ、出来上がるまでにあれこれありましたが・・・

こんな感じで・・・
f0289824_15431570.jpg

無事に完成!!!

f0289824_15451552.jpg
なかなか・・・私好みの焼き加減で・・・絶品うまうまでした♪


「3人じゃ食べきれないから、管理人のお兄ちゃんに差し入れしよっか?」

なんて話しておりましたのに・・・ペロリです。完食です!!



そうこうしている間にすっかり時は過ぎ、12時過ぎておりましたので
今日はまたまた温泉にでも入りに行きましょう!と言う事で

道路の状況を確認後、何とか大丈夫そうなのでお出かけ~♫

りんご畑の中を抜けていくと
f0289824_18511554.jpg
この日の温泉に到着~♪ 『松川温泉・清流苑』です。
f0289824_18384446.jpg
南アルプスを見渡す天然温泉♪
露天風呂があって、と~っても気持ち良かったです。

・・・全く曲がらなくなっているお膝が、早く治りますように~(苦笑)


さてさて、暗くならないうちにキャンプ場に戻りたいので
その他の観光はせずに、コンビニでビールを買い込み帰りました。


この日の晩ご飯は、kenセンセの念願だった・・・丸鶏やります。
気合いが入っております!

出発日の早朝、わざわざ『肉のハナマサ』に寄って仕入れてきた丸鶏です。

私はほとんど何もしていないのですが、エイコさんが頑張って仕込んでくれました。(何故ならば・・・私は鶏のあの鳥肌が苦手でして・・・役立たずです。)

エイコさんは、さすがに動物病院のトリミングも掛け持ちしているからか
トリさんのお腹の中に手を突っ込んで、見事な手術です(爆)


で、完成したのがコチラ~♪
f0289824_19020161.jpg
kenセンセの中では
ダッチオーブン料理と言えば「コレでしょう!」っていう位、丸鶏らしいので(笑)

念願かなって良かったっす!(画が地味)
f0289824_19174321.jpg

でもって、kenセンセが再手術(爆)
f0289824_19130339.jpg
食べる時には、グチャグチャ~!ってなるけど・・・

美味しゅうございました♪


そしてそして・・・

なんと!!!

今回の旅ではすっかり諦めていた『星空観賞』が出来ました~♪♪♪

って、写真におさめる事は出来ませんでしたが、

と~っても久し振りに見た満天の星空を
しっかりと心におさめて参りました!


みんなイイ夢が見られそうな、静かな夜でした・・・
f0289824_12241602.jpg
ゆずもたっぷり遊んで、爆睡です。



・・・


最終日につづく。



。。。





[PR]



# by yonyongoncooha | 2017-11-13 18:54 | あうとどあ

南信州CAMP ~1日目~

さて、今回のバンガローはコチラ。

f0289824_17245989.jpg

キッチンやトイレやお布団などはありませんが、ご親切に冷蔵庫とストーブはついていて快適です。

しかも、一棟だけワンコ入室OK!

f0289824_17533942.jpg


到着後、サクサクっと荷降ろしを済ませて、最初のお楽しみ♪

ここまでの身体の疲れと倒木と戦った名誉の負傷?の傷を癒すために、まずは管理棟にある温泉に入りました。

こちらは450年前の元亀3年に開湯という歴史ある温泉だそうで、とーっても良いお湯でした♪



f0289824_17422979.jpg


初日、初っぱなから温泉に入るなんて、今までしたことないから、なーんか贅沢な気分で、キャンプであることを忘れそう。


f0289824_17031462.jpg

雨はポツリポツリ位の小雨で…ホントに台風来るのか?
嵐の前の静けさか?



さて、この日の晩ご飯は~?

どうしても、ダッチオーブンを使いたくて、雨の降る中クルマの後ろのドアを跳ね上げ屋根を作り、炭火をせっせと起こすkenセンセ。

気合いと真面目の融合した姿を女子と犬達は快適なお部屋の中から
「がんばれ〜!」と眺める。

f0289824_17163299.jpg


あっ、いやいや…料理の仕込みはちゃんと女子達がやりましたよ。


まずはラムチョップときのこのアヒージョ。(茶色いなぁ~)



f0289824_17593280.jpg


で、渾身のパエリアっ!!


f0289824_18002881.jpg

ん?海老鍋?

米が見えないくらいに、エビだらけだけど…パエリアです(爆)



すっかり辺りは暗くなり、さて食べましょか!と思ったら。

「コンコン。スミマセ〜ン。」不安げな顔の管理人のお兄ちゃん登場。


どうやら、台風は深夜から盛り上がりを見せるかも知れないとの事。


此処で木が倒れるような事はないと思うが、小枝がバンバン折れて飛んでくるから、車が傷だらけになる可能性大なので、車を下の駐車場に避難しておいた方が良いとの事。


また、明日出掛ける予定がある場合、道路が寸断されてる可能性もあるから、事前に確認してから出掛けた方が良いとの事。

下の方の村には、何やら避難指示が出てるとか出てないとか…



と、テレビもラジオもなく、世間がどんな状況になっているか分からないまま、能天気に盛り上がっている我々に注意喚起をしに来てくれました。


兄ちゃん、

ホントに…こんな日に…来てしまって…ごめんなさい<(_ _)>

でも我々はとても癒されております(^.^)


しかし、「長野県のキャンプ場で大人3人と犬5頭が孤立しております…」なんてニュースになったらシャレにならないな(汗)

なーんて話をしながらも…バンガローの中はとても快適で、
またもやUNO
でひと勝負!

f0289824_18080241.jpg
kenセンセが上がりそうで、ゆずもクレイも凝視です(笑)


我々もワンコもダラダラ過ごして夜が更けていきました。


そして皆が寝静まった深夜…


表は雨風の音が激しく、小枝が屋根や壁にコツコツと当たる音がしておりましたが、危機感を感じる程ではありませんでした。


きっと明日も1日雨で引きこもりだろうから…

目覚ましかけずに起きたくなったら起~きよーっと…
zzz




まだまだ、続く。



。。。









[PR]



# by yonyongoncooha | 2017-11-08 18:54 | あうとどあ

南信州CAMP ~いきなり番外編 : 想定外な事件です!~

秋です。

でも今年は、暑かったり寒かったり…季節外れの台風は来るはで…

何だか忙しい秋になりました。

そんな中、またまた我ら3人&5頭の仲間で修学旅行に行って参りました♪

f0289824_16040246.jpg

ただし、決行日が台風21号直撃のど真ん中!!
雨が降ろうが槍が降ろうが、家族に反対されようが…
我々は行くしかないのです!

嵐だろうがCAMPだホイ!!

という事で、今回は南信州の旅でございます。

嵐だろうがCAMPだホイ!!とは言いましたが、さすがにテントもろとも吹き飛ばされるやも知れないのはチョット不安だったので…
前回のキャンプで味を占めたバンガロー作戦にいたしました♪

しかし、出発前日まで行き先は未定…

イヤ正確に言うと、最初予定していたところでは台風を凌げそうにないので、急遽場所の変更をせざるを得なかった訳であります。

ふ~悩みました~、彷徨いました~ぁ…出来るだけ台風を避けたくて。

一時は京都まで行くかっ?とまで血迷いましたが、結局何処へ逃げても台風にスッポリ包まれるようなので…最後は私の直感で長野県の駒ヶ根方面へGO!!

いつものキャンプは、これでもかっ!って位に、てんこ盛りな観光プランを練るのですが、今回は台風だしサ、きっとキャンプ場に引きこもりっぱなしになるだろうしサ、ほぼノープランです。

案の定の雨の中、朝
6時過ぎに出発し相模湖ICから中央道に乗り込みました。


途中、諏訪湖サービスエリアにて小休止です。眼下に諏訪湖が一望出来ます。


すると…


エイコさん
「へぇー、悪人の聖地なんだ〜、ヘェ〜147.png

ケンジさん… 「?」

ヨウコさん… 「えぇー何だそれ!マジで?150.png

ケンジさん… 「…?138.png

エイコさん… 「だって、ほら〜👉」

f0289824_14155099.jpg

ケンジさん… 「うん、恋人(こいびと)ね!コイビトの聖地ね!119.png

エイコさん… 「いや〜ん!だってー149.pngそう見えたんだもん103.png


ケンジさん… 「はい、何なら変人(へんじん)の聖地とも読めるか105.png


イヤイヤ、何の疑いもなく「悪人の聖地」って、エイコさん。
どんな場所だよ…怖いョ。アウトレイジの世界だよ135.png

雨降る中、何故か諏訪湖を眺めながらの大爆笑で、
kenセンセの眠気も吹っ飛んだところで再出発。

f0289824_14183007.jpg

高速道路も視界が悪く50km規制がひかれる中、kenセンセの力走のお陰で、ようやく駒ヶ根ICを降りまして、まずは3日分の食材調達をいたします。
幸いバンガローには冷蔵庫がついているとの事で安心して買い物を。


台風で観光が出来ないから、今回はお料理大会にしましたよ。ひたすら料理を作り食っちゃ寝、飲んじゃ寝しようではないかと!

しかも、kenセンセがどうしてもやりたかったダッチオーブン料理三昧で!!
なので、酒と食材をせっせと買い込んで…


で、会計済ませて外へ出ましたら…

何という事でしょう~♫

すっかり雨が上がっているではないですか〜♪

もしかして…また晴れちゃったりしますか?と、
ニヤニヤしながらCAMP場目指し出発です。


さてさて、ここから先が不安なのです。やっぱり雨もまた少し降って来ましたし、道はどんどん細く林道のような道になってまいりまして…

「対向車が来たら絶対にすれ違い出来ないよね~」「落石とかあったら怖いよね~」「街灯もないし夜とかは絶対走れないね~」とか、不安要素を片っ端からあげながらズンズン山の中へ。

すると、一台の対向車が!!
幸い軽自動車だったので、無事にすれ違いホッと胸を撫で下ろしたのですが…

がっ~!!!!

な・な・何という事でしょう~!!!
目の前に無残にもへし折られた倒木が横たわっているではないかぁ~(叫)
しっかりと行く手を塞いで御臨終しております。
(あの軽自動車のおっちゃんは、断念してUターンして帰っていくとこだった訳ね。)

f0289824_14230224.jpg

すると・・・「どうする~?」なんて会話もないまま、kenセンセは颯爽と車を降りまして、ムンズと倒木と戦いを始めたもんだから・・・
か弱い女子二人も、当たり前のように「父ちゃんのためなぁ~ら、エ~ンヤコ~ラ!」となりまして・・・

まぁここまでは、ある意味想定内と言えば想定内だった気もします。
台風が来てるって言ってる訳だし。ありがちです。


で、この後なんです想定外な事件が起きたのは。


私は、道路の左端の崖下(2.5m程)を目視して、

「みんな、こっち崖だから落ちないように気を付けて~!」なんて、
リーダーシップを気取り・・・

「この木はこっちに引っ張った方がイイね~!」などと、
知った風な口を利き・・・

「お気張りやっす~ぅ!」と、力の限り木を引っ張った訳で・・・


スっポン!(絡まった木が急にすっぽ抜けた空想の音)


yon … 「?」「い~や~ぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!」「タタタタッ、ドスン。」

ei … 「ぎぃやぁ~!」「キャッ!キャ~ァァァ!」(絶叫)

ken … 「はぁ~?!」

ei … 「ヨン先生がぁ、ヨン先生がぁ、お~ち~たぁ~!!」(半泣)


ハイ、私です。私が落ちました。↑上の写真の左側の谷側へ落下149.png

後ろ向きに思いっきり引っ張った瞬間、木がすっぽ抜けまして・・・
まるで、誰かに後ろの襟元をつかまれて引っ張られるような勢いは、どうにも踏んばる事が出来ませんでしたぁ(怖)

で、私とっさに「何もせずに後ろ向きに倒れて落ちたら頭打って死ぬ!」と思ったようで、後ろ向きに道路の端を思い切りビョンと踏み切り、自ら飛び降りました122.png


まるで棒高跳びの逆再生のような状態で、棒を持ったまま後ろ向きに助走をつけて、2.5m位の崖下に向かって華麗にジャンプした感じです。

ちゃんと両足で着地をしましたが、バランスを崩し尻もちをついてしまい、
残念ながら右ひざを負傷145.png

上から心配そうな顔で覗きこんでいる二人に、木の枝を使って救出してもらい無事生還(おぉ、神よ)!

いや~、びっくりしました。死ぬかと思いました。
こんな事ってあるんだわぁ。
山の滑落事故とかね・・・注意はしてても、ほんのちょっとした事で命取りです。
皆様、倒木と戦う時は十分気を付けましょう!(いやいや、普通は戦いませんから)


「病院に行った方が・・・」と言われたけど、「気絶してないから、大丈夫!」とお答え申し上げて・・・、

「今年の厄を今全部崖下に落としてきたから、この後はもう大丈夫~ぅ!!」
と、うわ言のように何だか意味不明な事を言い放ち・・・

予定通り目的地のキャンプ場へ向かいました(苦笑)

残念ながら、右ひざを負傷・・・?
いやいや、崖から落ちて打ち身も切り傷もなく済んでいるので・・・
ラッキーと言っても良いのではないだろうか?
救急車沙汰にならなかったのは、奇跡的な事ではないだろうか?

と、自分を慰めつつ、心配をかけたお二人に詫びながら、こんな程度で済んだ事を神様に感謝しつつ・・・

今回の目的地に到着しました♪

f0289824_16495631.jpg

チェックインの時に、管理人のお兄ちゃんに「倒木が・・・」と話したら、
「知らせて頂けたら、すぐにチェーンソー持って行きましたのに~!」と爽やかな笑顔で言われまして・・・

「だな。だな、だな・・・普通はそうするべきだったよな。」byよん
「今度からは、車にノコギリ積んでおけばいいんだよな。」byけん

・・・

でもでも、やっとの思いで辿り着いたキャンプ場は

f0289824_14333263.jpg

めっちゃ、イイ感じのキャンプ場です~ぅ♪ 救われた気がするぅ~。



そんなこんなで、波乱の痛~ぁいスタートでしたが
気を取り直して、いきましょ~!


ちょっと待てよ・・・

あんな緊急事態の時こそ、クレちゃんの出番だったんではないだろうか?
f0289824_15160318.jpg
クレイのリードに倒木を縛り付け、お気に入りのチキンのおもちゃでも放り投げたら、いつもの馬鹿力でブッチ切りだったのでは?

そしたら、クレちゃんの株も上がっただろうに。
宝の持ち腐れだったな(爆)




キャンプ本編へ、つづく



。。。



[PR]



# by yonyongoncooha | 2017-11-05 17:28 | あうとどあ

ある昼下がり♪

我が家のクレちゃんは、
この夏なが~い夏休みに入っておりまして・・・

私の実家で一人っ子生活を満喫中です。
実際は先住猫がいるので、ひとりっ子ではないけれど・・・

そんな、ある日の昼下がり。

近所のおっちゃん達と庭・・・ではないな・・・工場で
日曜大工の後のお茶飲み休憩中の父ちゃんの隣で・・・

何ともしっくりお仲間に加わっているクレちゃんが居ます♪
f0289824_14165425.jpg

賢いラブラドールをお飼いのお宅であれば、
ごくごく当たり前の一風景なのでしょうが・・・

私にとっては、涙が出るほど感慨深い風景なのです~ぅ。


・・・発達障害の乙女、愛しきクレちゃん・・・(涙)

・・・父ちゃんとラブラブなクレちゃん・・・(笑)

・・・ひとりで近所の犬友のお家に遊びに行っちゃうクレちゃん・・・?

ん?・・・ひとりで?
・・・やっぱり何かしらヤラかしてくれるクレちゃん・・・(爆)


実家の屋根の修理が終わるまで・・・
私が足場の上で高所の恐怖を味わいつつお手伝いに行っている間、

クレちゃんの嬉し楽しいロングバケーションは続きます♪



「屋根の修理、ずーっと終わらなければいいのになぁ~♪」 byくれい
f0289824_14301356.jpg


そろそろ屋根の修理も終わりそうなんですがね・・・(笑)



。。。




[PR]



# by yonyongoncooha | 2017-09-13 14:33 | ふうけい

人それぞれの・・・ペットロス

マザーウルフを始めて、横浜時代を含めれば16年が経ちました・・・
16年も経てば私が訓練で関わった犬達の中にも、天国に旅立った子がいます。

お客様とある程度のお付き合いがあると、そのお知らせを下さったりします。



最愛の家族である〝愛犬” が亡くなるという事・・・

犬と暮らしている人ならば・・・いつかは訪れる辛く悲しい出来事です。

犬に限らず猫だって鳥だって・・・命あるものすべて。



『ペットロス』という言葉・・・

仕事柄、この言葉に直面する事があります。

突然そのような話が来たりすると・・・

正直、ドキッ!とします。
心臓がバクバクしてしまいます。

第一声何と言葉をかけたらいいのか・・・
喉が詰まってしまい、一瞬息が出来なくなります。

私の人生の中でも、何度か愛犬や愛猫を亡くし『ペットロス』を経験していますが、多く経験したから慣れるというものでもありませんし、その心の痛みはその本人にしかわからないことですから、他人と比較するようなものでもありません・・・。


『ペットロス』の受け止め方は人それぞれで・・・

他人にはその気持ちを測り知る事は出来ませんし、もしかしたら当の本人であっても測り知る事なんて出来ない物なんだと思います。

何をどう感じているのか・・・?

同じ「悲しい」とか「辛い」とか「苦しい」とか・・・
そんな単純な「ひと言」「ふた言」で伝えられるような想いではない、もっと複雑で深く彷徨ってしまっているかもしれません。

それが訪れた時にしか、
人は自分がどうなってしまうかなんて分からないものですからね。


だから・・・

その時によって・・・

飼い主様がどうしたいか?によって・・・なのだと思います。


愛犬を思い出す事が辛すぎて、一切の想い出話や写真や、街中で犬を見る事すら出来ないという方もいます。

とにかく、たくさんの想い出話しをして、愛犬の写真や思い出の品にずっと触れていたいという方もいます。

思い出す暇もないくらい一心不乱に仕事や趣味に没頭して、ただただ時間が過ぎるのを待つという方もいます。


・・・


それが良いとか悪いとかではなく、人それぞれ・・・なのだと思います。

心は常に変化しているので、時が過ぎたり、1頭目の時と2頭目の時と違ったりするかもしれません。


たまに、お客様やスタッフから『ペットロス』について、セミナーというか、お話し会のようなものをして欲しい・・・と言われる事がありますが、

でも、やはりそれは・・・人それぞれ・・・の事なので、ひとつの形として作りあげることは・・・私には難し過ぎます。(苦笑)

なので、そこへのアプローチは、今はマザーウルフのしつけ教室と同様に
必要とされるのであれば、個々への対応として取り組んでいきたい思います。


マザーウルフとして、その手助けが出来るか?出来ないか?は
あくまでもお客様の声に従いたいと・・・そう思います。


お酒を飲みながら、想い出話をたくさんすることだって出来るかもしれません。

セラピードッグとして、とま(癒)やクレイ(爆)だって、お役に立てるかもしれません。彼女たちをお共に遠足やイベントに参加したり、ホームステイだったりね。
クレちゃんだって、1頭だけでいれば、大人しく添い寝をしてくれるんイイ子なんですヨ(爆)

一緒にキャンプしたり別荘に泊ったりして、一晩中その子の話で盛り上がって、人目も気にせず泣きじゃくったり笑ったりする事だって出来るかもしれません。


それで、少しでも心が落ち着いたり、明るく前向きになれるとしたら・・・

そんな寄り添い方もアリなのかと・・・



『ペットロス』という感情の前では・・・

気の利いた言葉をかけてあげられる自信などないけど・・・


でも、しつけを通し、客観的に冷静にその子と飼い主様の姿を見続けてきた立場の人間として・・・その子(愛犬)の気持ちをもっともっと伝えてあげられるかもしれません。


救えるとか救えないとか・・・大それた事は言えませんが

その子と共に過ごした日々、すべてが辛く見えてしまうより・・・

この先の人生を歩んでいく上で、その子との日々が大きな力になっていく事や
亡くなったその子に守られているんだという安心感を感じてくれる事の方が・・・

その子にとって何よりも幸せである事は間違いないと思いますから。

それだけは、私が唯一自信を持って言える事です。




ところで・・・何故?今こんな話?



それは・・・今年2月にある卒業生ワンコが病気で旅立った事にあります。


亡くなった事をその翌日のうちに、直接電話で知らせて下さいました。

パパもママも涙声を絞り出すように・・・
「落ち着いたら、教室に行くから・・・」と。


それから・・・あっという間に半年が経ちました。


どうしているのか?・・・ずっと、心に引っかかっていて・・・
スタッフとも事あるごとに話題になります。

出会った頃の事を思い出せば・・・
かなりのショックを受けている事は容易に想像がつくと。


遠足やキャンプでも常連さんで、お酒を酌み交わしていた仲でしたが・・・
このブログでその子の記事を書く事さえも出来ずに・・・。


私に出来る事があるならば・・・という気持ちと、

もしかしたら、絶対に触れてはいけないのかも・・・という気持ちと、


直接お会い出来ないと、飼い主様の「今の気持ち」が見えなくて・・・
どうする事も出来なくて・・・心がザワザワ。



でも、そんな事を思う事自体、実は余計なお世話なのかもしれない・・・とか。



ついつい・・・ついつい、こんな事を悶々と考えてしまう私です(苦笑)



それでも・・・

それでもマザーウルフは、ただの「犬のしつけ教室」ではなく

『~Dog & Human Place~ Mother Wolf 』

という思いで、今日まで突き進んでまいりました・・・



せっかくワンコが繋いでくれた、この『縁』・・・

例え今現在、ワンコがそこに居なかったとしても、

そのワンコと飼い主さんの『居場所』であり続けたいと思っております。


そんな想いが・・・届けばいいなと。



例えばこんな場所で、囲炉裏を囲んで夜遅くまで語り合ってみたりして・・・♪

f0289824_20211421.jpg
そんな風な事に・・・想いを巡らせています。( MWゲストハウス@伊豆高原 )




『人それぞれの・・・』

そんなことも、犬が教えてくれたことのひとつ・・・です。


↓ ひと足先に天国へ旅立っていった彼等
囲炉裏・・・イヤ、青々した草むらを囲んで、小枝をポリポリつまみにして、
マザーウルフでの想い出話に花を咲かせているんじゃないかなぁ~・・・♪

「YONセンセ、キレるとマジ怖かったよネ~!」 「そうそう(笑)」 
by卒業生一同 ・・・ 的なね~ (爆)








。。。



[PR]



# by yonyongoncooha | 2017-08-16 17:51 | おもうこと

  Dog & Human Place   犬のしつけ教室 マザーウルフ      *YON blog*      ~多分、お仕事じゃない話~
by YON

最新の記事

目は口ほどにモノを言う。
at 2018-04-14 18:54
もみたんの旅立ち
at 2018-04-05 15:52
色んなサクラ✿
at 2018-03-30 14:13
ポリシーって、何だろう?
at 2018-02-02 10:53
南信州CAMP ~最終日~
at 2017-11-18 18:48